浮気とは。実体験した私の思うこと

浮気とは。実体験した私の思うこと

浮気
最近なんだか旦那の様子がおかしいような…。
何気ない日常でそんなことを感じることが多々ありました。でもまさか自分の旦那が浮気だなんて。子供たちもいることだしそんなのあるわけない!と不安な気持ちをかき消そうとひたすら思い続けました。
でも実際、このように感じ始めた時って浮気されてるんですよね。だいたい。
女の勘ってやつですよ。これは侮れないと思います。自分でもびっくりするくらい当たるので何とも言えない複雑な心境。しかしこの勘が浮気の証拠にはなりませんよね。だって勘ですから。
そうとなったらひたすら証拠探しです。相手の行動を常に観察して隙を見つけるのです。気分は探偵です。そうやって見つけ出した『隙』に決定的な浮気の証拠を入手するのです。
それはケータイ。何とも無防備にロックもかけずに置いてあったので意図も簡単に見ることができました。すると出てくる出てくる浮気の証拠となるラインが。見つけた瞬間、悲しみよりも先に怒りが込み上げてきたのを今でも覚えています。人って怒りが頂点に達すると震えがでるんですね。びっくりしました。
そんな証拠を消されないようにスクリーンショットして自分のケータイに送信。こうして動かぬ決定的な浮気の証拠を手にいれた私なのでした。
私が思うに女の勘はほぼ的中するものなんだなと。そして浮気する人はどこかしら詰めの甘い部分があるのでその部分を証拠として入手できればこっちのものかなと。こればっかりは経験しないとなかなか分からないものですが。というかこんな経験なんてしない方がいいに決まってますがね。

 

浮気の証拠のほとんどがスマホにある

浮気
昔は、浮気の証拠と言えば、ラブホテルに入る現場写真を撮影されて、それを突きつけたりしたものですが、現在は違います。
今は、ほとんどの浮気の証拠はスマホの中にあります。
わざわざ尾行したり待ち伏せしなくても、自分で撮影した浮気相手との写真が絶対スマホの中にはあります。もちろん通話履歴やメールなんかもそうです。

 

しかし、言い逃れができるんじゃないかと思われるかもしれませんが、考えてもみてください。
メールに通話履歴、写真まであっては、ごまかすにも限界があると思いませんか?
特に携帯からスマホに変わってきた頃から、言い逃れができないぐらいの情報量が、スマホの中には詰まっているのです。
携帯の時代には、まだメールも少なかったですし、写真も携帯の容量を気にしてカードに移したりを頻繁にしていたと思います。

 

そのために辛うじて言い逃れができる要素がありましたが、スマホでは無理だと思います。最近のスマホは画素数も高いですから、隠し撮りされた写真とは、比べ物にならないぐらい鮮明なはずです。
ただし、浮気の証拠が詰まっていても中身が見れなければ意味がありません。最近は指紋認証までありますから、なかなか中身がみれないというのが厄介です。